藁人形の使用方法

呪詛師(じゅそし)が念を篭めた特別な藁人形を組み合わせる事で怨憎呪札の効果を飛躍的に高めます。この藁人形に依頼者の念を篭め、再び呪詛師のもとで呪詛する事でより強力な呪い効果を生み出す事ができるのです。

STEP 1

名前や住所、SNSやIPアドレスなど、対象者に関わるあらゆる情報を憎しみの念を込めながら怨憎呪札に書き入れてください。次に赤いインクのペンなどで大きく怨憎呪札に×印を書きます。
これは憎しみの念を怨憎呪札にしっかりと閉じ込める為に行います。

STEP 2

次に怨憎呪札をできるだけ小さく折り畳みます。
折り畳んだ怨憎呪札は、藁人形の脇の辺りから中へ詰め込んでください。ここで怨憎呪札がしっかり詰め込まれているかをご確認ください。

STEP 3

次に憎しみの念を篭めながら藁人形の腹部を折り曲げてください。
これは藁人形の保管期間において藁人形から憎しみの念を逃がさないようにする為に行います。怨憎呪札が藁人形の中から外に出てしまわないよう注意しながら折り曲げてください。

以上の手順が完了したら誰にも見つからないように細心の注意を払い7日間、厳重に保管してください。
※万が一、第三者に発見された場合は呪いの効果は激減します。 絶対に発見されないように注意してください。

STEP 4

7日間の保管を終えた藁人形は、再び握り潰す、踏み潰すとより効果的です。

最後に、怨みの念を存分に篭め終えた藁人形は速やかにこちらまでお送りください。(※郵送先は発送時に同封致します。)お送り頂いた藁人形に呪詛師が再度、念を篭める事で呪いが完成します。万が一、藁人形をお送り頂けなかった場合は効果が半減してしまいます。
また適切な方法で藁人形を処理されなかった場合は呪い返しの影響を受ける原因となる場合もございます。
くれぐれも、ご自身だけで処理をせず、藁人形はこちらまで送り返してくださいますようお願い致します。